コレステロールが高い人の

食 事 療 法



毎日の食生活で気をつけたいこと






「コレステロールが高い」といわれたら、
まず、食習慣を見直しましょう。



高コレステロール血症の治療の基本は食事療法です。
食事に注意するだけで、薬を使わずにコレステロールが下がることもあります。
薬が必要な場合でも、食事に気をつけていれば薬の効果が高まります。
いろいろな食品をバランスよく食べて、
おいしく、無理なく、食事療法を続けましょう。


    食事療法のポイント

@ 夕食の量を現在よりも減らしましょう。
A 「主食・主菜・副菜」のそろった食事を心がけましょう。
B 肉よりも魚や大豆製品を積極的に食べましょう。
C “緑黄色”野菜を十分にとりましょう。



このガイドブックでは、毎日の食生活に
これらのポイントを上手に取り入れる工夫をご紹介します。





食事療法を始める前に・・・

自分の標準体重を知っていますか?

下の式を使って標準体重とBMI*を求めてみましょう。
食べ過ぎのチェックは、体重の変化で最もよくわかります。
標準体重に近づくように、減量を心がけましょう。
しかし、急な減量は体調をくずす原因となります。ゆっくり、
気長に取り組みましょう。

* BMI (Body Mass Index) : 体格指数。現在最もよく使われている肥満度の判定法。


● 標準体重=身長(m)×身長(m)×22
  [例] 身長160cmの場合
      1.6×1.6×22=56.32  標準体重=56kg
 
● BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))


   BMI  判 定
20未満  やせぎみ
20〜24未満  普 通
24〜26.4未満  やや肥満
26.4以上  肥 満





2 頁 3 頁 4 頁 5 頁