日本におけるカレーライスのルーツ



カレーライス


 今日本人が一般に食べている「カレーライス」は、「インドのカレー」ではなく、

「イギリスのカレー」です。イギリス人の食事は一般に質素ですが、その長い経

験から栄養のバランスのとれた「シチュー」はイギリス人の好んだ食事でした。

イギリス人の船乗りも航海の時「シチュー」を食べたいと思っていましたが、味

付けに使う牛乳が長持ちしないために長い航海の時には諦めざるを得なかった

そうです。


 そこで、イギリス人は、シチューと同じ食材(肉、人参、ジャガイモ、玉ねぎ等)

に、日持ちのする香辛料(カレーパウダー)を使った料理「カレー」を考案しまし

た。これが、イギリス海軍の「軍隊食」として定着していきました。



 明治期の日本海軍は、イギリス海軍を範として成長してきましたので、栄養バ

ランスが良く、調理が簡単なカレーに目をつけ艦艇での食事に取り入れました。

最初は、イギリス水兵と同様にカレーをパンにつけて食べていました。しかし、

これではどうも力がでないということで、小麦粉を加えてとろみをつけて御飯にか

けて食べたところこれはイケルということになり、以後日本海軍の軍隊食として定

着しました。これが現在のカレーライスのルーツともいえるものです。こうして日

本海軍の「軍隊食」となったカレーライスは、故郷に帰った兵士が家庭に持ち込

むことによって全国に広がっていきました。



 今では毎週金曜日の昼食に、北海道から沖縄まで、海上自衛隊員が一斉に

「カレーライス」を食べています。以前は毎週土曜日の昼食がカレーライスでし

たが、食べずに上陸してしまう人が多かったために、確実に食べられるように金

曜日の昼食に変更になりました。なぜ、毎週決まった曜日にカレーライスかとい

うと、艦艇が洋上で訓練している場合、今日は何曜日なのか解らなくってしまい

ますので、毎週決まった曜日にカレーライスを出して、今日は金曜日なんだなと

解るようにしてあるんですよ。


CAPT.