華 燭 の 宴



2002年3月3日(日) 「華燭の宴」 長 内 様

友人が、独身貴族に年貢を納めました。

大湊の「長内」君です。

長内君の御結婚を心から祝し、末永い幸せをお祈り申し上げます。





長内君とは、下総で一緒に勤務していました。その時に素敵な彼女を見つけたようです。

下総から大湊へ転勤しても交際が続き、いろいろあったそうですが、この度、目出度く

ゴールインとなったそうです。月末には小月への転勤も決まり、新たな旅立ちに不安と

期待で一杯の毎日なんでしょうね。

お二人の益々の御発展と御健康を祈念いたします。(02.3.17)






2000年4月9日(日) 「華燭の宴」 関 様

メール仲間が、独身貴族に年貢を納めました。

広島県呉市の「関」君です。

関君の御結婚を心から祝し、末永い幸せをお祈り申し上げます。


      


制服やサーベルは、呉から東京の式場まで運んだのだそうです。

「特にサーベルは、航空会社の本社に電話したりと大変でした。で、右の写真は、

サーベルを飛行機で運んだ際に使用させられた「銃砲刀剣箱」です。ナンバー式の

鍵がついたジェラルミン製の箱でした。こんなのめったに拝めないので、つい写真

をとってしまいました(笑)。なお、写真手前の細長い箱は、サーベルの入ったダ

ンボール箱です」
 とのことでした。